修理をしよう

昔の雨漏りに対するイメージは居住スペースに水がぽたぽた垂れ、その下にバケツなどを置いてその水滴を取り除くというものです。しかし現在の住宅は居住スペースに到達する前に様々な層が設けられているのです。 一般的な木造住宅では屋根材の下にルーフィングなどと呼ばれる防水層が存在します。その下に野地板、垂木、母屋などの木材があって室内側には石膏ボードなどが施工され居住スペースの表面であるクロスが見えているのです。ですから居住スペースに到達するまでにより多くの層を通過する必要があるのです。反対に言えば居住スペースに進行している雨漏り修理はとても大掛かりな工事になるのです。とはいえ居住スペース以外の部分をチェックする機会も少なく発見に時間がかかる場合も少なくありません。

最近の雨漏り修理で多いのは瓦やスレートが破損したというよりも経年劣化、極度の豪雨による水の逆流など住宅がより複雑化していることに起因している場合も少なくありません。 しかし雨漏りかもと感じたらすぐに雨漏り修理を行う必要があります。放っておいて時間がたてばたつほど被害は拡大し雨漏り修理にかかる費用も高額になってしまうのです。ですからより早期に発見し対処することで被害も費用も抑えることができるのです。 最近では雨漏り修理に限らず補修キッドがホームセンターなどに販売されていることもあります。こういったものを利用して応急的に処置することは良いことですが専門の知識を持った人に補修、メンテナンスしてもらうことでより正確な雨漏り修理ができるのです。